今日かなり久しぶりに上野公園を歩きました

上野公園に行ったことが何回かあって、正直に言うと、とにかくだだっ広い中に多種多様の施設がある場所という印象を持っていました。まちがっても土日祝日には近づかない方がいい、なぜなら人混みにくらくらするに違いないとも思っていました。
ところが、別の用事があってたまたま土曜日のしかも三連休初日の今日、上野公園に行ってきました。とても久しぶりだったのと、上記のような理由があって、気づいたときにははっとしましたがとにかく用事を優先にしたかったので気にせずに突入しました。
記憶というのはなかなか不思議なものです。以前ここにやって来たときにはものすごく混んでいたような思い出があるのですが、よくよく観察してみると駅や建物の周辺に人だかりができているものの、ひろい公園はむしろ場所によっては人口密度が街中よりも小さいではないか、という意外な事実も浮かび上がりました。
別の用事があったので動物園も横目に通り越し、美術館も看板だけで満足して退却しましたが、いつかこの新しい認識と共に意識的に上野公園にいく日を楽しみにしています。ミュゼ 300円

損して得しろじゃないけど、感情もあっていいんじゃないの?

市のボディー見立てで病棟へ赴き、まず本日も可能でしたが、ちょこっと気になることを聞いたのです。僕はへその以下がひどく膨らんでいるから、胃下垂かなあと引き続き気になっていたのです。ついでに聞いておこうとして、会話をし始めたら、怪訝な外見をされ、「特別お越し費かかっちゃうよ」と言われました。およそ確かに医療上のクエスチョンをして答えてくれたらそうなりますが、おいおいそんなこと言われるとは思いませんでした。やはり医者も稼いで生活しているのは分かりますが、せこいなあと。おリッチなのに、なんとなくワンポイントぐらいいいじゃんと思いました。そういった感じですかね。ピザの送信で配達して、先方に「ついでに帰る途中に屑物かなぐり捨て立場でこういう屑物捨ててって」と言われた感じような印象なんでしょうね。商売他ですぞと。とりわけお願い以外のことはできませんってことですよね。なんとなくシビアですな、業界って思いました。もうここういう病棟へは来季は行きませんが。これで損してますね。視力回復アイトレーニング田中