「羽生が連覇の金&宇野は銀」のニュースに寄せて

まず、羽生選手、冬季五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇おめでとうございます!そして銀メダルに輝いた宇野選手も良かった!
そんな激闘も終了した今、私の個人的な好みで選ぶ使用曲のベストスリーを紹介したいと思います。
第一位。映画「陰陽師」より「SEIMEI」。羽生結弦選手のフリーの曲です。これまで、日本的な曲を使って成功したフィギュアスケート男子はいない、という前例を打ち砕くことが出来ました。まあ、曲がどうこう言うより、羽生選手の表現力の素晴らしさがそれを実現したのでしょうけどね。
第二位。ヴィヴァルディ作曲「四季」協奏曲第4番「冬」。宇野昌磨選手のショートプログラムの曲です。フリーの「誰も寝てはならぬ」も良い曲ですが、私はどちらかというとボーカル無しの曲が好きなのでこちらを選びました。「四季」では「春」が有名で「冬」はあまり聞く機会のない曲ですね。宇野選手のコメントによると、冬季五輪ということで、冬をイメージしての選曲だったようです。
第三位。レナード・コーエン作「ハレルヤ」。パトリック・チャン選手のフリーの曲です。使われたのはジェフ・バックリー版。私が最初に聞いたのはPentatonix版なので、今もこちらが最高だと思っています。でも聞き慣れた「ハレルヤ」を別のバージョンとは言え、オリンピックで聞けたのは感激でした。
以上、個人的に選んだ好きな曲目ランキングでした。